25歳で彼氏と別れて諦めた結婚

私はもうすぐ30代になるアラサーです。大学を卒業してから入社した会社で必死に働いてきました。恋人も当時はいましたが、結局別れてしまいました。別れた原因は結婚に対する二人の価値観の違いでした。私は25歳くらいになると結婚したいと思っていたのですが、彼はまだまだ結婚する気持ちはなかったのです。同級生だったので仕方ないかもしれません。女の25歳と男の25歳は違うんだと思います。ちょうどその頃私の周りは結婚ラッシュでした。結婚して幸せそうな友人がうらやましく、いつ結婚できるのか分からないまま年だけとっていく自分の人生が不安でした。そしてそんな不安な気持ちを彼氏になんどもぶつけるようになっていました。

彼氏にしたらうっとおしかったんだと思います。結局25歳の時にその彼とは別れてしまいました。私はそれから結婚をあきらめるようになってしまいました。当時は40代で出産している人も多く、女性の社会進出などをよく耳にしていたので、こんなものかな、と思うようになっていたのです。しかし最近になって子宮も老化するということを知りました。どんどん子どもができにくくなっていき、最近は不妊症で悩む人も増えているというのです。その話を聞いてからまた結婚したいと思うようになり、婚活を始めました。

頼りになる恋人が欲しいです

私は何もできません。一人では本当に何もできないのです。だからこの年になっても、まだ実家に寄生しているのです。もしも一人暮らしをしたら、何もできないでしょう。

だから頼れる恋人が欲しいのです。電球の交換も、買い物も、車の運転もできる恋人が欲しいのです。今まで付き合った経験がないのでわかりません。恋人がいるってどんな感じなのでしょう。恋人がいる事って、何でも頼れてしまう事なのでしょうか。

デートのたびに、家まで迎えにも来てくれるでしょう。会社の帰りにも、会社まで迎えに来てくれるのです。そして遅刻しそうになった時、ちゃんと送ってくれるのでしょう。

そんな彼氏が欲しいのです。私の友人は、困った事があったら、いつも彼氏に助けてもらっています。いつも彼氏が駆けつけてくれるのです。

そしていつも笑顔なのです。友人は怖いものや、心配事がありません。それも全部彼氏のおかげなのです。そんな彼氏が私も欲しいのです。

恋人と一緒にデートをしたいです。遊園地へ行ったり、海へ行ったり、きっとどこに行っても一緒だったら楽しいのでしょう。それが付き合うという事なのです。そんな理想の彼氏と恋愛して結婚したいのです。
幸せな結婚したい結婚相手ナビ.net

私は何をしてもうまくいかないし、何もうまくできません。そんな私には頼りになる恋人が必要なのです。

合コンで超タイプの男性に一目惚れしました

去年の秋頃に長年付き合った彼氏にフラれてしまいました。

別れの理由は他に好きな人ができたからというものです。

結婚まで考えていたほどの男性だったので、正直心に穴がぽっかりと空いた感じでした。

久しぶりに恋人のいないクリスマスを過ごしましたが、寂しいなんて言葉だけでは足りないくらい辛かったです。

だからと言っていつまでも落ち込んでばかりもいられません。

高校時代からの仲の良い友達は皆どんどん結婚をして、すでに子供もいたりして幸せな家庭を築いています。

私だけ置いてけぼりになっている感じは否めませんし、何とか新しい彼氏を見付けて結婚まで辿り着きたいです。

そこで先日、人生で初めて合コンに参加してきました。

別れてから元気がない私を気遣ってくれた会社の同僚達がセッティングしてくれたのです。

正直それほど大きな期待はしていなかったのですが、その合コンで私は超タイプの男性と出会うことになりました。

一目見た瞬間からドキドキしっ放しで、まともに顔も見られない感じです。

その人と会話を交わしただけで、天にも昇る様な気持ちでした。

周囲も私のおかしな態度にすぐ気が付いた様で、わざと二人きりにしてくれたりもしました。

しかし情けない事に舞い上がってしまって、たいした話も出来ていなかったと思います。

後で同僚達からは「声が裏返っていた」と、私の興奮していた様子を茶化されたほどです。

それでも最後に思い切って連絡先だけは教えてもらいました。

その人は笑顔で快く教えてくれたので、涙が出そうなほど嬉しかったです。

それから数回メールのやり取りをしてみました。

その人からのメールが返ってくるまで、心臓がバクバクしてしまいます。

なんか恋をしているなって感じがしなくもありません。

その人と付き合うことができ、いつか結婚できたら…今はそんな風に考えてばかりです。

出会ったのは運命だと勝手に感じているので、もう少し仲良くなれたらデートに誘ってみます。

でもその人が今後私を受け入れてくれるか、すでに不安な気持ちでいっぱいなんです。